BALBAL SUZUKI

店主一人だけの小さなお店です。
畑の真ん中で“ゆるゆる”“やわやわ”営業してます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
白いな、おい

ahahahahahahaha!

ワロタ、おおいにワロス、この雪



駐車場の除雪も一人で出来なかったよ・・・・。

お父様に援助に来ていただいた。。

この時ばかりは北陸に来たことを・・・・・・・・

いや、言うまい

明日の朝も作業せねば。



いんふぉめーしょん※
お知らせ

明日、11月21日()〜11月23日()まで

連休をいただきます

大変、ご迷惑をおかけいたします。どうぞご了承ください。

そして11月25日(木)は休まず営業いたしますので

よろしくお願いいたします。


連休中は何をするかといいますと

横浜にて、友人の結婚式に出席いたします。ついでに東京をプラプラと。。。

東京をプラプラする暇があるなら仕事しなさい的な、雰囲気のなか

行ってきます。

東京で僕と会ったら、仕事は?などと白々しく聞いてください。

無視します。


お知らせ
 急なお知らせです

明日(10月3日)、日曜日は休業いたします

地区(大鋸屋)の秋祭りに出るためです

昔からの慣習で獅子舞を踊るのです

それに参加します

最近、臨時な休業ばかりで皆様には大変

ご迷惑をおかけいたします

どうか、ご理解のほどを






獅子舞って難し過ぎるよ。。。orz
理容展望
 理容業は何処へ行く

「床屋さん」。。。どんなイメージでしょうか

やっぱり、昔のイメージな感じでしょうね

よくいえばノスタルジックな

悪くいえばセンスのない、といったところでしょうか

もうそういうのって払拭できないところまで来てるんだと思います

ひとえに理容師さんたちは「美容室」ってのを

意識しすぎてるんじゃないかなー、と思われます

結局、何か目新しいものを、というと美容の仕事に

すり寄るようなことになっているものね

やりきれてないモノマネみたいな

それが痛々しかったりします

後は練習の仕方

「こう切ったらダメ」「これはタブー」って教わり方を

よくされたような気がします

確かに基本を学ぶのだから、無茶苦茶じゃ困りますよね

でも、「散髪」のノウハウってそういう教え方なのです

それでは、今のスタイルに追いつかなくなるんです

イコール、時代に取り残されるのも必然かなー、と。

お店の内装しかり、技術者の格好なども

見た瞬間に「あー、床屋さん」というのもあるんだろうし

ひっくるめて挽回できるでしょうか?



以上、全部自分に言ってみますた。

何にせよ努力は必要ですネ。。。

床屋さんの復権なんていうもんでなく、柔軟に行きたいですな

いちヘアサロンとして。ただそれだけ。